自毛植毛費用を安く抑える方法はあるのか?大幅な割引を受けるコツ

当サイトでは自毛植毛の価格など費用相場について詳しく解説していますが、やはり自毛植毛はその高額な費用がネックとなり、手術に一歩を踏み出すことを躊躇する人も多いと思います。

 

もちろん失敗のリスクなどの恐怖、手術への恐怖もあると思いますが、実際のところはほとんど失敗のない施術です。また、どうしても薄毛の悩みを解決したいという緊急性の強い悩みや改善したいと考えている方は手術への恐怖よりも金銭面での負担がネックになっていると思います。

 

そんな家計を強く圧迫する自毛植毛費用ですが、植毛費用を抑える方法がないわけではありません。確実的なものから少し不確定要素が高いものまで様々な植毛費用を抑える方法を紹介、まとめます。

 

自毛植毛費用を抑えるコツ

キャンペーンを利用する

一番確実性が高いのはこの自毛植毛クリニックが行っているキャンペーンに参加することです。キャンペーンにも期間やその他条件があることがほとんどですが、その条件を満たせば基本的に割引をそのまま受けることができます。

 

仮にグラフト単価が1000円のものが900円になった場合、1000株植毛するのであれば10万円も費用が変わります。1株あたりでは大きな差はないものの一度に多くの移植をする方にとっては非常に大きな金額さになるので利用しない手はありません。

 

また、その他植毛クリニックの中には特定のホームページなどから申し込みをすると基本料金を無料にするなど費用が安くなるキャンペーンなどをやっている場合もあります。そういった申込ページから申し込むのも費用を抑える一つのコツと言えます。

 

安い植毛方法を選ぶ

続いて自毛植毛にも様々な植毛方法があり、方法によって高い安いがあります。近年の主流はFUEとFUTですが、FUEよりも医師や看護師などクリニック側の作業的負担が少ないFUTは料金が安く設定されていることが多いです。

 

また、FUTは後頭部の一定範囲をメスで切り取る手術方法ですが、FUEと違い一度に移植株を採取するため、手間は変わらず、そのために多くなれば多くなるほど安くなる料金体系が設定されていることも多いです。このようなことから費用を抑えるという意味ではFUTを選択するのはおすすめです。

 

また、FUTのように切る自毛植毛が嫌な場合はFUEを選ぶことになると思いますが、FUEにもくり抜き採取の作業をロボットに任せた植毛ロボットによる植毛方法もあり、これも医師に負担がかからない分費用が安くFUEでもFUTレベルの料金で施術を受けることができます。

 

値切り交渉

主に上の2つが費用を抑えるための確実な方法ですが、その他方法としては値切りですね。大手クリニックほど値切りは難しくなる傾向はありますが、それでも100万円を超えるような高額な施術には値切りをする余地は十分にあります。

 

交渉は人それぞれに難易度が変わると思いますが、口が上手い人などはうまく交渉してみるのも良いでしょう。また、クリニックが条件を出して(例えばこの日であれば〇万引きなど)くる場合はそれを受け入れることでさらなる割引を受けられる可能性もあります。

 

とりあえずまけれるまけられないは別に一度は「安くなりませんか?」と聞いてみることはした方がいいでしょう。聞くのはタダです。それで仮に1万でも2万でも安くなれば儲けものですよね。

 

外国(韓国など)で受ける

これはあまりお勧めできる方法ではありませんが一応非常に安く受ける方法の一つとしてはありではないでしょうか

 

韓国などは日本並み、または日本以上に植毛手術が盛んで、技術力も高く、それでいて日本の手術費用の半額程度の価格で施術を受けることが可能です。手術旅行としてパッケージ化されていたりすることも多いのでそういったものを利用することで比較的簡単に海外にて施術を受けることができます。

 

ただし、トラブルに遭ったときはやはり日本以上に苦労する可能性はあるのでそのリスクなどは理解した上で選択する必要があります。

おすすめできないのはやはり外国ということで言葉の問題やトラブルに遭ったときのリスクです。国内であれば仮に何かあっても自分で対応することもできますが、外国となれば法律他わからないことが多々あるものです。そのため無責任には推せないのでこんな方法もあるんだ程度に頭に入れておくといいかもしれません。

 

まとめ

高額な費用のかかる植毛手術ですがこのように安くする方法はないわけではありません。知っているものからそんなものまでという方もいたと思いますが、やれる範囲でそしてリスクを冒さない範囲で何を重視するのかを自身で判断し、安く受けられる方法を選択すると良いでしょう。

 

最終的にはお金を取るか安心を取るかという部分になるのかもしれませんが、これはあなた自身の優先順位で決めると良いでしょう。取り入れられるものがあれば検討してみてください。